日産 新型 フェアレディ Z (NISSAN Z Z34) 板金 塗装 自動車修理 事例  。自動車修理・板金塗装のことなら埼玉県 和光市 ヨシダオートセンターへ。埼玉・朝霞・新座・志木・さいたま市・東京・板橋・練馬・豊島からもアクセスが簡単!

« ボルボ V70 (VOLVO V70 ) 板金 塗装  自動車修理 事例 | メイン | メルセデス ベンツ E350 ステーションワゴン アバンギャルド (W211) 板金 塗装 自動車 修理事例 »

日産 新型 フェアレディ Z (NISSAN Z Z34) 板金 塗装 自動車修理 事例  

スクラッチシールド

スクラッチシールドとは、特殊高弾性樹脂を配合し柔軟性を向上させ、樹脂の結合密度を高くすることで強靱性を高めた新開発のクリヤー塗装のことです。 クリヤーに柔軟性を持たせることで、一般のクリヤー塗装表面に比べて細かい擦りキズ等を1/5程度に低減でき、さらに軽度のキズが生じた場合でも、時間の経過とともにキズが生じる前の状態までほぼ復元するといった特性を持っています。
日常での使用で生じる細かい擦りキズによる塗装表面の劣化を防ぎ、新車時の塗装品質を長期間維持することができるといった事から、日産の新型車種(エクストレイル、フーガ、シーマ、プレジデント、スカイライン、スカイラインクーペ 、スカイラインクロスオーバー、ティアナ、ムラーノ、フェアレディZ) に近年多く採用され始めてきています。

損傷状況:
右リヤフェンダーのフェールリッド(給油口)付近に液剤のような物が付着していた為、オーナー様が擦ってみたところ、塗装表面が剥がれてしまい、下地色が出てしまったという事です。
このように小さな損傷でも、損傷部分のみのスポット塗装はリスクが多く、さらに今回はスクラッチシールド塗装である為、リヤフェンダー1枚のクリヤーブロック塗装が前提となります。

修理内容:
お預かり後すぐに、シートカバー、ハンドルカバー、フロアペーパーマットを装着し、さらにスカッフプレート、ステップカバー、ドアトリムにもプロテクトフィルムを貼り、お預かり期間中汚れないよう厳重な取り扱いを行います。

新車ラインの塗装時と極力同じ条件で塗装の塗り込みが行えるよう、リヤバンパー、テールランプ、ステップカバーを取り外していきます。

マスキングの際、最大のネックとなるクォーターガラスも、今回は仕上がり最優先でさらに保険修理という事から取り外しを行い、塗装の塗り込みを確実に行っていきます。

日産 新型 フェアレディ Z (NISSAN Z Z34) 板金 塗装 自動車修理 事例  ペーパーで研ぎ作業を行い、損傷部分を平滑にしていきます。

日産 新型 フェアレディ Z (NISSAN Z Z34) 板金 塗装 自動車修理 事例  研ぎ作業を終えた損傷部分に2液混合型のサフェーサーを塗装し、十分な加熱乾燥を行っていきます。サフェーサー硬化後は、さらに水研ぎ作業にて平滑に研いでいきます。

日産 新型 フェアレディ Z (NISSAN Z Z34) 板金 塗装 自動車修理 事例  現車にもとづき入念な色合せを行ったのち、塗装ブース内にて塗装作業をおこなっていきます。このスクラッチシールド専用クリヤーは通常のクリヤーに比べ、塗装後に行う磨き作業にかなりの時間を要する為、磨き作業を行わなくて済むよう、塗装の段階で塗り肌を現車同様に合わせ、ゴミを付着させない細心の注意と高度な技術が要求されます。

日産 新型 フェアレディ Z (NISSAN Z Z34) 板金 塗装 自動車修理 事例スクラッチシールドの補修には、メーカーが専用に販売しているこのASAPクリヤーとASAP硬化剤(AntiScratch Advanced Paint)、専用シンナーを使用します。このASAPクリヤー3.6kgとASAP硬化剤0.9㎏の2つの組み合わせで9万2千円もするとても高価な塗料です。


日産 新型 フェアレディ Z (NISSAN Z Z34) 板金 塗装 自動車修理 事例  新型Zのクォーターガラスは再利用する事でガラスモールが浮いてしまう可能性があり、最悪の場合には水漏れの心配もある為、今回は保険会社の許可を頂いて新品のガラスに交換していきます。

修理結果:
日産 新型 フェアレディ Z (NISSAN Z Z34) 板金 塗装 自動車修理 事例  今回の新型 フェアレディ Z (Z34)のオーナー様は車両保険に加入されており、免責金額も0円でしたので、負担金をお支払いする事がなく、また今回の事案は保険会社が等級据え置き扱いとして認定した為、次年度保険料を上げることなく修理する事ができました。お車納車時には修理箇所を入念にチェックされ、「色の違和感や塗装中のゴミの付着、ドアやフェールリッド開口部の塗装見切り部の違和感もまったく無く、完璧な仕上がりです。」と大変御満足して頂くことができました。さらに今回お客様は当社が加盟している鈑金匠ネットのエネオスプリカ還元サービスを希望されましたので、エネオスプリカをプレゼントさせて頂きました。この度は数ある板金塗装工場の中から当社に修理の御用命を頂きまして誠にありがとうございました。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yoshida-auto.co.jp/owner/mt-tb.cgi/173

コメント (2)

Z34オーナー:

ヨシダオートセンターさんの実力は十分理解していたもののスクラッチシールドの板金なので正直仕上がりに不安を覚えていたのですがいい意味で期待を裏切ってくれました。これでもかと云う位確認させていただきましたが、塗装の見切り部分も左右の同じ場所を比較しても全く違和感もなく、板金したとは思えない程の高水準な仕上がり(新車以上!?)に大変満足しております。また、クルマの取り扱いについても大変丁寧であり気配りにもとても感心させらました。この度はこちらの細かい要望にも丁寧に対応していただき有難うございました。また機会がございましたらお願いをしたいと思います。


ヨシダオートセンター㈱:

Z 34 オーナー様

この度は当社に修理の御用命を頂きまして誠にありがとうございました。
また早速のコメントを頂きましてありがとうございます。
仕上がりに御満足頂き大変光栄です。
Z 34のオーナー様のように、お車をとても綺麗に大切にされている方からのお褒めの評価を頂けた事に大変感謝しており、今回の修理にあたり、慎重かつ丁寧に作業させて頂いた甲斐がありました。
お車の事でまた何かありましたら、いつでもお気軽に御相談下さい。
これからも、新車のZ 34で安全で快適なカーライフをお過ごしください。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

キーワード