トヨタ 新型 プリウス (TOYOTA NEW PRIUS) 板金塗装 自動車修理事例。自動車修理・板金塗装のことなら埼玉県 和光市 ヨシダオートセンターへ。埼玉・朝霞・新座・志木・さいたま市・東京・板橋・練馬・豊島からもアクセスが簡単!

« BMW 320i クーペ Mスポーツパッケージ (E92) 板金 塗装 飛び石修理 事例 | メイン | フォルクス ワーゲン ゴルフ R32 (VOLKSWAGEN GOLF R32) 板金 塗装 自動車 修理 事例 »

トヨタ 新型 プリウス (TOYOTA NEW PRIUS) 板金塗装 自動車修理事例

損傷状況:
トヨタ 新型 プリウス (TOYOTA NEW PRIUS)リヤフェンダーはアーチライン部が変形しへこみも生じており、リヤドアも後方部がへこんで傷がついてしまっています。


修理内容:
トヨタ 新型 プリウス (TOYOTA NEW PRIUS)マスキング跡を残さず、細部まで完全な下地処理や塗装の塗り込みが行えるよう、リヤバンパー、テールランプ、リヤドアの装飾部品、サイドステップカバーを取り外していきます。また今回はクォーターガラスも塗装の下処理工程の段階で取り外していきます。

トヨタ 新型 プリウス (TOYOTA NEW PRIUS)アーチラインやドアの通りを正確に引き出しながら、限界まで叩き出しと引き作業による板金作業を行っていきます。


トヨタ 新型 プリウス (TOYOTA NEW PRIUS)パテを塗布し加熱乾燥後、ライン部や逆アール部を正確に再現しながら慎重に研ぎ作業を行い、面を成形していきます。


トヨタ 新型 プリウス (TOYOTA NEW PRIUS)シール性、防腐性、密着性に優れた高品質なプライマーサフェーサーを塗装し、赤外線乾燥機にて十分な加熱乾燥を行います。

トヨタ 新型 プリウス (TOYOTA NEW PRIUS)加熱乾燥後、わずかな歪みも見落とさないよう、プレスライン等も確認しながら慎重にプライマーサフェーサーの水研ぎ作業を行っていきます。 さらに今回は足付け作業と呼ばれる塗料の密着性を高める下地処理や塗装の塗り込みがしっかり行なえるように、クォーターガラスを取り外していきます。

トヨタ 新型 プリウス (TOYOTA NEW PRIUS)外装パネルを塗装する前に、まずはリヤドアを開けたドア開口部を先に塗装していきます。

トヨタ 新型 プリウス (TOYOTA NEW PRIUS)ペインターの着衣からほこりが出ないよう、防塵服を着用し、ゴミやほこりを完全に遮断するクリーンルームの塗装ブース内にて、塗装表面の肌を現車同様忠実に再現しながら塗装を行っていきます。塗装後はブース内を70℃に温度設定し、塗膜を乾燥させます。


修理結果:
トヨタ 新型 プリウス (TOYOTA NEW PRIUS)今回、トヨタ 新型 プリウスのお客様は車両保険に加入していた為、全て保険対応にて修理する事ができ、またお車納車時には仕上がりにも大変御満足して頂き、喜んで頂く事ができました。さらに今回お客様は当社が加盟している鈑金匠ネットのエネオスプリカ還元サービスを希望されましたので、エネオスプリカをプレゼントさせて頂きました。この度は数ある板金塗装工場の中から当社に修理の御用命を頂きまして誠にありがとうございました。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yoshida-auto.co.jp/owner/mt-tb.cgi/186

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

キーワード