ホンダ オデッセイ 板金 塗装 自動車 修理 事例。自動車修理・板金塗装のことなら埼玉県 和光市 ヨシダオートセンターへ。埼玉・朝霞・新座・志木・さいたま市・東京・板橋・練馬・豊島からもアクセスが簡単!

« プジョー 407 SW 板金 塗装 修理 事例 | メイン | メルセデス ベンツ C300 アバンギャルド (W204) 板金 塗装 修理 事例 »

ホンダ オデッセイ 板金 塗装 自動車 修理 事例

損傷状況:

ホンダ オデッセイ 板金 塗装 自動車 修理 事例リヤフェンダーは線状の傷とそれに沿って凹みが周囲に及んでいます。またバンパーも塀に擦った事で塗装が削れてしまっており、多少変形もしています。今回リヤバンパーは幸いにも修理ができるレベルの損傷で、さらには修理金額を少しでも抑えることから、修理にて対応させて頂く事になりました。

修理内容:

ホンダ オデッセイ 板金 塗装 自動車 修理 事例作業にあたり、まずはリヤバンパー、テールランプなど塗装するパネルに付随する脱着可能な部品をすべて取り外していきます。またリヤドアは今回ぼかし塗装を行っていく為、アウターハンドルやモール類を取り外していきます。

ホンダ オデッセイ 板金 塗装 自動車 修理 事例損傷したリヤフェンダーの板金を丁寧に行い、限界まで鉄板を元の状態に叩き出し、復元させていきます。

ホンダ オデッセイ 板金 塗装 自動車 修理 事例板金作業を終えた鉄板表面にパテを薄く塗布し加熱乾燥後、パネル形状に沿って、平滑に研いでさらに面を整えていきます。

ホンダ オデッセイ 板金 塗装 自動車 修理 事例塗料の密着性、防錆性、シール性に大変優れた2液混合型で高硬度の外資系サフェーサーを塗布し、充分な加熱乾燥後、歪みやラインの確認をしながら最終研ぎ作業を行います。

ホンダ オデッセイ 板金 塗装 自動車 修理 事例擦り傷の修正後、素材との密着性を高める為、プラスチックプライマーと呼ばれる専用密着剤を塗装後、サフェーサーを塗装し、十分な加熱乾燥を行ないます。

ホンダ オデッセイ 板金 塗装 自動車 修理 事例スプレーマンの着衣からほこりが出ないよう、防塵服を着用し、ゴミやほこりを完全にシャットアウトするクリーンルームの塗装ブース内にて、ホンダ車特有の塗装肌を現車同様忠実に再現しながら、塗装を行っていきます。

ホンダ オデッセイ 板金 塗装 自動車 修理 事例バンパーももちろん、塗装ブース内で塗装していきます。塗装作業が完了した後はブース内の温度を70℃に設定し、加熱乾燥をしっかり行うことで、塗膜の強度が増し、光沢が永年に渡り持続されます。

修理結果:

ホンダ オデッセイ 板金 塗装 自動車 修理 事例今回 ホンダ オデッセイのオーナー様はあいにく車両保険に加入していなかった為、全額自費扱いでの修理となってしまいましたが、ディーラー様のお見積り金額より、はるかに安く修理ができたという事で大変喜んで頂き、仕上がりにも大変御満足頂くことができました。さらに今回は当社が加盟している鈑金匠ネットのエネオスプリカ還元サービスを希望されましたので、エネオスプリカをプレゼントさせて頂きました。この度は数ある板金塗装工場の中から当社に修理の御用命を頂きまして誠にありがとうございました。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yoshida-auto.co.jp/owner/mt-tb.cgi/366

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

キーワード