メルセデス ベンツ CLS 350 (W218) 板金 塗装 修理 事例 。自動車修理・板金塗装のことなら埼玉県 和光市 ヨシダオートセンターへ。埼玉・朝霞・新座・志木・さいたま市・東京・板橋・練馬・豊島からもアクセスが簡単!

« ホンダ オデッセイ 板金 塗装 自動車 修理 事例 | メイン

メルセデス ベンツ CLS 350 (W218) 板金 塗装 修理 事例

損傷状況:

メルセデス ベンツ CLS 350 (W218) 板金 塗装 修理 事例 リアフェンダーは広範囲に波及が及び損傷しており、リアバンパーも変形し損傷してしまっております。お客様の御要望どおり、リアフェンダー、リアバンパーは共に修理にて対応させて頂く事になりました。

修理内容:

メルセデス ベンツ CLS 350 (W218) 板金 塗装 修理 事例 損傷箇所の板金作業に入る前に、まずはマスキング跡を残さず、細部まで完全な下地処理や塗装の塗り込みが行えるよう、テールランプや損傷したリアバンパーを取り外していきます。


メルセデス ベンツ CLS 350 (W218) 板金 塗装 修理 事例 正規の形状を正確に再現しながら、リアフェンダーの板金を丁寧に行い、限界まで鉄板を元の状態に叩き出し、復元させていきます。

メルセデス ベンツ CLS 350 (W218) 板金 塗装 修理 事例 面出し板金作業を終えた鉄板表面にパテを塗布し加熱乾燥後、パネル形状に合せて研いで、さらに面を整えていきます。

メルセデス ベンツ CLS 350 (W218) 板金 塗装 修理 事例 車両から取り外したリアバンパーはさらに塗装の塗り込みを細部までしっかりと行っていく為、センサーやメッキモール等の付属部品をすべて取り外していきます。

メルセデス ベンツ CLS 350 (W218) 板金 塗装 修理 事例 塗料の密着性、防錆性、シール性に大変優れた2液混合型で高硬度の外資系サフェーサーを塗布し、充分な加熱乾燥後、歪みやラインの確認をしながら最終研ぎ作業を行います。

メルセデス ベンツ CLS 350 (W218) 板金 塗装 修理 事例 リアバンパーも熱処理による変形修正を行った後、同様にサフェーサーを塗布し、充分な加熱乾燥後、歪みやラインの確認をしながら最終研ぎ作業を行っていきます。

メルセデス ベンツ CLS 350 (W218) 板金 塗装 修理 事例 現車にて正確な色合せを行ったのち、塗装ブース内に車両を入れ、マスキング作業、脱脂作業終了後、現車同様の塗装肌を忠実に再現しながら慎重に塗装を行っていきます。ボディ側面部は特に塗り肌が目立つ為、ボディ側面の塗装肌が均一に綺麗に揃うよう、塗装の段階で実車本来の塗り肌に合わせる高度な技術が要求されます。

メルセデス ベンツ CLS 350 (W218) 板金 塗装 修理 事例 バンパーももちろん、塵やホコリを遮断する塗装ブース内で塗装を行っていきます。塗装作業が完了した後はブース内を70度に温度設定し、加熱乾燥をしっかり行っていきます。

修理結果:

メルセデス ベンツ CLS 350 (W218) 板金 塗装 修理 事例 今回、メルセデス ベンツ CLS 350 (W218)のお客様は車両保険には加入していなかった為、全額自費扱いでの修理となってしまいましたが、納車時には修理箇所を入念に確認して頂き、仕上がりに大変御満足頂き、喜んで頂く事ができました。
この度は数ある板金塗装工場の中から当社に修理の御用命を頂きまして誠にありがとうございました。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yoshida-auto.co.jp/owner/mt-tb.cgi/453

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

キーワード