フォルクスワーゲン アルテオン 板金 塗装 自動車 修理 事例。自動車修理・板金塗装のことなら埼玉県 和光市 ヨシダオートセンターへ。埼玉・朝霞・新座・志木・さいたま市・東京・板橋・練馬・豊島からもアクセスが簡単!

« ホンダ 新型フィット 板金塗装 自動車 修理 事例 | メイン

フォルクスワーゲン アルテオン 板金 塗装 自動車 修理 事例

損傷状況:

IMG_4748.JPGリヤフェンダー後部からリヤバンパーにかけて損傷が及んでしまっております。幸いにもへこみや変形が無く、傷のみの損害だったのが不幸中の幸いです。

修理内容:

IMG_4825.JPG修理着工にあたり、まずはマスキング跡を残さず、細部まで完全な下地処理や塗装の塗り込みが行えるよう、損傷したリアバンパーやテールランプ、さらにリヤフェンダーに装着されている付属部品を取り外していきます。

IMG_4832.JPG車両から取り外したリヤバンパーは、さらにランプ類やセンサー、ライセンスプレート、ライセンスランプなどの装飾部品をすべて取り外し、バンパーフェイスカバーのみの状態にしていきます。

IMG_4857.JPGリヤフェンダーの傷を修正後、塗料の密着性、防錆性、シール性に優れた高硬度のスタンドックス製、2液混合型サフェーサーを塗布し、充分な加熱乾燥後、アールやアーチラインの形状を確認しながら、最終研ぎ作業を行います。

IMG_4830.JPG損傷したリヤバンパーも傷を修正後、リヤフェンダーと同様にサフェーサーを塗布し充分な加熱乾燥後、最終研ぎ作業を行います。

IMG_4871.JPG現車にて正確な色合せを行ったのち、塗装ブース内に車両を入れ、マスキング作業、脱脂作業終了後、実車同様の塗装肌を忠実に再現しながら慎重に塗装を行っていきます。

IMG_4867.JPGリヤバンパーももちろん、塵やホコリを遮断する塗装ブース内で塗装を行っていきます。塗装作業が完了した後はブース内を70度に温度設定し、加熱乾燥をしっかり行うことで、塗膜の強度が増し、新車のような光沢が永年に渡り持続されます。

修理結果:

IMG_4887.JPG今回、フォルクスワーゲン アルテオンのお客様は、あいにく車両保険に加入しておらず全額自費修理となってしまいましたが、お車引き渡し時には修理箇所を入念に確認して頂き、仕上がりに大変御満足頂き、喜んで頂く事ができました。この度は数ある板金塗装工場の中から当社に修理の御用命を頂きまして誠にありがとうございました。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yoshida-auto.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1077

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

キーワード