トヨタ クラウン ハイブリッド 板金 塗装 修理 事例。自動車修理・板金塗装のことなら埼玉県 和光市 ヨシダオートセンターへ。埼玉・朝霞・新座・志木・さいたま市・東京・板橋・練馬・豊島からもアクセスが簡単!

« BMW X5 Mスポーツパッケージ (E70) GRW フロントリップスポイラー 塗装 取付 事例 | メイン | ポルシェ ケイマン (PORSCHE) 板金 塗装 修理 事例 »

トヨタ クラウン ハイブリッド 板金 塗装 修理 事例

損傷状況:

トヨタ クラウン ハイブリッド 板金 塗装 修理 事例左リヤドア後部からリヤフェンダー、サイドステップ、アルミホイールにかけて損傷しています。パネル類はすべて板金修理で対応し、アルミホイールは新品部品に交換というかたちで修理をさせて頂くことになりました。

修理内容:

トヨタ クラウン ハイブリッド 板金 塗装 修理 事例損傷箇所の板金作業に入る前にまずはマスキング跡を残さず、細部まで完全な下地処理や塗装の塗り込みが行えるよう、損傷パネルに付随するリヤバンパーやテールランプ、リヤドアの装飾部品、サイドステップカバー等を取り外していきます。

トヨタ クラウン ハイブリッド 板金 塗装 修理 事例アーチラインやドアの通りを正確に引き出しながら、限界まで叩き出しと引き作業による板金作業を丁寧に行っていきます。

トヨタ クラウン ハイブリッド 板金 塗装 修理 事例パテを塗布し加熱乾燥後、ライン部や逆アール部を正確に再現しながら慎重に研ぎ作業を行い、面を成形していきます

トヨタ クラウン ハイブリッド 板金 塗装 修理 事例シール性、密着性に優れた高品質なサフェーサーを塗装し、十分な加熱乾燥後、さらに水研ぎ作業にて面を整えていきます。

トヨタ クラウン ハイブリッド 板金 塗装 修理 事例外装パネルを塗装する前に、まずはリヤドアを開けたドア開口部(ロックピラー部)を先に塗装していきます。

トヨタ クラウン ハイブリッド 板金 塗装 修理 事例塗布したサフェーサーの最終研ぎ作業を行ない、さらに損傷個所以外の旧塗膜面も密着性向上の為、足付け作業と呼ばれる研磨を行なっていきます。また今回はフロントドアにもぼかし塗装を行っていく為、フロントドアの付属部品も取り外していきます。

トヨタ クラウン ハイブリッド 板金 塗装 修理 事例現車による入念な色合せを行ったのち、塗装ブース内にて塗装作業をおこなっていきます。ボディ側面の塗装肌が均一に綺麗に揃うよう、塗装の段階で本来の塗り肌に合わせる、高度な技術が要求されます。塗装後はブース内を70℃に温度設定し、40分間の加熱乾燥をしっかり行うことで塗膜の強度や耐久性が増し、新車時と同等の仕上がりになります。

トヨタ クラウン ハイブリッド 板金 塗装 修理 事例損傷したリヤのアルミホイールも新品に交換していきます。

修理結果:

トヨタ クラウン ハイブリッド 板金 塗装 修理 事例今回、トヨタ クラウン ハイブリッドのお客様は幸いにも車両保険に加入されており車両免責金額も0円でしたので、負担金をお支払する事がなく、すべて保険扱いで修理する事ができました。お車引き渡し時には完成したお車を確認して頂き、「ぶつけたのが嘘の様に、まったくわからずに綺麗に直るものなんですね。」と仕上がりに大変御満足頂き、喜んで頂くことができました。この度は数ある板金塗装工場の中から当社に修理の御用命を頂きまして誠にありがとうございました。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yoshida-auto.co.jp/owner/mt-tb.cgi/308

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

キーワード