日産 エルグランド ハイウェイスター (E52) 板金 塗装 修理 事例。自動車修理・板金塗装のことなら埼玉県 和光市 ヨシダオートセンターへ。埼玉・朝霞・新座・志木・さいたま市・東京・板橋・練馬・豊島からもアクセスが簡単!

« アウディ A4 アバント (AUDI) 板金 塗装 飛び石修 理 事例 | メイン | BMW 525i ツーリング F11 板金 塗装 自動車 修理 事例 »

日産 エルグランド ハイウェイスター (E52) 板金 塗装 修理 事例

損傷状況:

日産 エルグランド ハイウェイスター (E52) 板金 塗装 修理 事例写真では少しわかり難いですが、フェンダーには擦り傷ができてしまっており、フロントバンパーとフロントバンパースポイラーにも同様の擦り傷が付いてしまっています。大きな歪みや変形が無かったのが、不幸中の幸いです。

修理内容:

日産 エルグランド ハイウェイスター (E52) 板金 塗装 修理 事例修理着工にあたり、まずは損傷したフロントバンパーを車両から取り外していきます。さらにフロントフェンダーに装着されているフェンダーガーニッシュ等の付属部品もすべて取り外していきます。

日産 エルグランド ハイウェイスター (E52) 板金 塗装 修理 事例車両から取り外したバンパーからフロントスポイラーを取り外していきます。さらに塗装の塗りこみがしっかりと行えるよう、グリルやフォグランプなどの装飾部品もすべて取り外していきます。

日産 エルグランド ハイウェイスター (E52) 板金 塗装 修理 事例バンパーはポリプロピレンと呼ばれる柔軟性のある素材なのでパテを入れずに済むよう、またラインも正確に再現しながら、傷を修正していきます。

日産 エルグランド ハイウェイスター (E52) 板金 塗装 修理 事例フロントスポイラーもフロントバンパー同様傷を修正し、密着性を高める専用プライマーを塗布後、サフェーサーを塗装していきます。その後充分な加熱乾燥を行ったのち、最終水研ぎ作業を行っていきます。

日産 エルグランド ハイウェイスター (E52) 板金 塗装 修理 事例現車にて正確な色合せを行ったのち、塗装ブース内に車両を入れ、マスキング作業、脱脂作業終了後、現車同様の塗装肌を忠実に再現しながら慎重に塗装を行っていきます。濃色車は特に塗り肌が目立つ為、ボディ側面の塗装肌が均一に綺麗に揃うよう、塗装の段階で実車本来の塗り肌に合わせる、高度な技術が要求されます。

日産 エルグランド ハイウェイスター (E52) 板金 塗装 修理 事例バンパーももちろん、塗装ブース内で塗装していきます。塗装作業終了後、ブース内を70度に温度設定し加熱乾燥をしっかり行うことで、塗膜の強度が増し、新車のような光沢が永年に渡り持続されます。

修理結果:

日産 エルグランド ハイウェイスター (E52) 板金 塗装 修理 事例今回、エルグランド ハイウェイスターのオーナー様はあいにく車両保険に加入していなかった為、全額自費扱いでの修理となってしまいましたが、納車時修理箇所を確認して頂き、仕上がりに大変御満足頂き、喜んで頂く事ができました。この度は数ある板金塗装工場の中から当社に修理の御用命を頂きまして誠にありがとうございました

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yoshida-auto.co.jp/owner/mt-tb.cgi/374

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

キーワード